夏でも冷え性の影響が…

冬になると手足が冷たくなり、そのままの状態で寝ようものなら、全く寝付けません。
お風呂で温めても、靴下を履いても、それほど効果がありません。

ここ1~2年、逆に夏場は、足先がとてもほてるようになってきました。
足がほてって熱くて仕方ありません。
更年期かなとも思ったのですが、まだちょっと早いなと思いつつ、インターネットで検索してみたら、このほてりも冷え症が原因なんだそうです。
結局は、手足の先の血行が悪いから、外気温にまともに影響されてしまうんだろうなと思います。

床暖房やコタツがあったら、多少は冬の足の冷たさも緩和されるのでしょうが、我が家はファンヒーターだけなので、なかなか暖まりません。
足首も冷たくなるので、結構つらく、レッグウォーマーは手放せません。

あるとき、スーパーで2重になった室内履きの靴下を見つけました。
ムダなんだろうなと思いつつ、安かったので買ってみたところ、これが結構温かい!外気の冷えを通さないので、とても快適でした。

履きつぶして、穴があいてしまい、またその靴下を探しましたが売っておらず、また冷え性生活に逆戻りです。

これから夏に向けて、またほてりの季節がやってくるので、足先を動かして、少しでも血行よくなるよう気をつけていきたいです。

極度の冷え症です

いつから、こんなに冷え症になったかわかりませんが、気付いたときには、極度の冷え症になっていました。
最初は、冬、家の中でも、靴下を履いていて、寝る前には靴下を脱いで寝ていました。

しかし、今は靴下を履いて寝ないと足が寒くて眠れません。
それも、分厚い靴下を履いていないと眠れないくらいの冷え症になってしまいました。

冬は、ハイネックや、タートルネックのインナーを着ていないと、首から背中が寒くなって体調を壊してしまいます。
体の中から、温めると冷え症が治るのではないかと思い、運動をするように心がけたのですが、あまり効果がありませんでした。
毎日、運動をすると冷え症が治るのかもしれませんが、なかなか時間がとれず、週に2,3回くらいしか十分な運動もできません。

寝る前にお風呂に入り、体を温めてから布団へ入るようにもしています。
しかし、足の先がだんだん冷たくなってきて眠れなくなることもあります。
なんとか、冷え症を治して、安眠生活を送りたいと思っています。

猫も嫌がる「冷え性」

私は現在、20代半ばですが、10代のころからずっと冷え性で悩んできました。

そして、冷え性といえば当然でしょうが、特に冬場は地獄ですね。
手袋や靴下なんて、何の意味もなさないくらい冷えたままなんです。
自力で身体を温めることができないので、ヒドイ時は、手足の先端が紫色に変色してしまう事もあります。
水道に手をかざして、「あたたかい!?」と感じた時には、何とも言えない気持ちになりました・・・。

また、冬場はいつもの買い物がとても苦痛です。
指先の感覚が敏感になっているのか、食品を手に取るだけで鈍痛が走ることもしばしば。

もっと困るのは、レジでお会計をする時ですね。
かじかんでしまって、お財布から小銭がうまく取り出せないんですよ。

他にも色々とありますが、最大の悩みは「猫が一緒に寝てくれない」ということ。
猫はよりあたたかい場所を好みますから、私の所へはあまり来てくれないのです。
すぐに年中ポカポカな旦那の元へ行ってしまうので、とても寂しい。

冬場は特につらい冷え性

私は若い頃から冷え性に悩んできました。
毎年、冬がくるのが怖くてならないほどです。

寒くなってくると、上はセーターの下に分厚い長袖シャツを2枚、下もジーンズの下にスパッツを2枚、ソックスは3枚程度重ね履きします。
それくらいしても、体の内部が冷え切っているのか、なかなか温まりません。

体を芯から温めるために一番効果的なのはお風呂です。
けれども、冷え性の人はなかなか長湯ができないそうで、私も例外ではありません。
42度くらいのお湯に3分ほど浸かっているだけでカーッと熱くなってきて、上がらずにいられないのです。

今勧められているのは、ややぬるめのお湯での半身浴。
これから暖かくなってくるので、まずは10分以上の半身浴を毎日続けてみようと思います。

そういうわけで冬は大嫌いです。
冷え性でない人は「夏は裸になってしまったら、それ以上脱げないけれど、冬は寒かったら重ね着すればぬくいのだから、冬のほうがいい」とおっしゃったりしますが、そんなにあっさり簡単に解決する問題ではないのです。
夏もきついエアコンがありますし、冷え性だと一年中つらいですね。